HOME > 船橋福祉相談協議会 > 協議会成り立ち

船橋福祉相談協議会の立ち上げ

 千葉県では健康福祉千葉方式の一環として、相談支援に関しては中核地域生活支援センターが各健康福祉センターの所管区域(広域福祉圏域)に設置され「いつでも・誰でも・どんな事でも」という基本姿勢でH16年より運営されております。
 船橋市はご存知の通り、中核市であり、市の単独事業として相談支援事業の展開が求められておりました。そこで設立の経緯をご説明しますと、H17年4月頃から障害者の相談のあり方について感心を持っていた人達福祉関係者が「西船勉強会」を結成、船橋市の障害福祉課員や従来相談業務を担当していた人達も加えて船橋独自の相談窓口を作りたいと定期的に研究を重ねてきました。船橋市のなるべく多くの人達の知恵を結集したいと広報で募集した結果、12の社会福祉法人、NPO法人、個人、 障害者・家族団体が集まりそこで結成したのが「船橋福祉相談協議会」です。船橋市はいわゆる三障害はもとより障害種別を越えた対象横断的な総合相談窓口としての業務委託を考えており、お受けする事となりました。その相談窓口が「ふらっと船橋」です。Funabashi Life Adviser TeamからFLAT、「平らな」という意味からバリアフリーを イメージし、気軽に誰もが「ふらっと」立ち寄れる場所という願いを込めています。
 この総合相談窓口を基点に保健・福祉・医療・教育・建築等を含めた船橋市の福祉ネットワーク作りを担えていけたらと考えています。